●休診のお知らせ
 当院は、夏季休暇といたしまして下記期間を休診とさせて頂きますのでお知
らせ申し上げます。
<夏季休診期間>
  2021年8月13日(金)~8月16日(月)


肝臓病、肝炎を専門とする福岡市中央区にある内科・消化器科のクリニックです。院長は肝臓専門医、消化器病専門医です。九州肝臓友の会の協力医師として、福岡難病連に参加し、院長自らが、急性肝炎を患い肝臓病の辛さを経験しています。
岡部・浦川クリニックは、院長 浦川 周一が、内科、消化器科(肝臓内科)を担当しています。
院長 浦川 周一
   ・日本肝臓学会専門医
   ・日本消化器病学会専門医
   ・日本内科学会認定医
   ・日本医師会認定産業医

【肝臓病への考え方】
普通一般の病気と違って、病気の原因がはっきりとしていることです。
肝臓疾患の主な原因としては、肝炎ウィルス、アルコール、薬剤、免疫疾患などがあげられます。
これらの原因を正確に把握し、その原因を取り除ければ、肝臓病は、ある程度、治癒に向かいます。
しかし、その時期が遅すぎると、肝臓自体の回復力が失われて、治療時期を失することになります。
ですから、肝臓病は、その原因を早く、的確に見つけ、早期から治療することが大切です。